FBシェアの表示が違うを即解決!オブジェクトデバッガー

いやすとや
素材:いらすとや

“オブジェクトデバッガー”は、強そうな名前ですが戦隊ヒーローではありません。

これは、Facebookが配布している機能で、Facebookページを運営されている方、知っておくと便利かなと思うのでご紹介します。

 

JimdoのブログやページをFacebookでシェアしようとURLを貼り付けする時、修正前の画像が表示」されたり、「パスワードをかけたままのページが表示」されたて困ったことはありませんか?

 

このオブジェクトデバッガーは、Facebookがウェブページの記述をどう認識しているかチェックしたりできるのですが、キャッシュをクリアにできる機能もあり、それを活用します。(OGPのデバッガー)

 

FBにコピペした表示が、修正前の状態になったことありませんか?

個人的によくあるのは、パスワードかけながらページを作っていた場合。

パスワードを解除してからFacebookページに貼り付けたのに、こんな表示になってしまうことがあります。

 

また、変更前の画像やタイトルが表示されてしまうケースもありますね。


キャッシュをクリアして、現在公開状態の表示にする手順

1)まず、オブジェクトデバッガー(Facebook Developers)を表示します。

https://developers.facebook.com/tools/debug/

※ご利用はFacebookにログインしておく必要があります。

 

2)シェアしたいページURLを「Enter a URL」にコピペする

 

▼ 例えば、パスワードをかけていた場合は、表示するURLが、/protected/となってる。

 

▼「Fetch new scrape Information」をクリックすると、プロテクトが解除されました。

※画像やタイトル修正の場合もこのデバッガーページの下に表示されて確認できます。

 

あとは、URLをコピーしなおして、Facebookページに貼り付ければOKです。

 

以上、参考まで!