1.はじめる前に決めること

ドメインの付け方

ドメインは、[無料版] ******.jimdofree.com、[独自ドメイン] ******.comといった箇所になりますが、この*****ついて考えていきます。

 

ドメイン名が長いと煩雑になるので、独自ドメインの場合を例にしてまとめています。

ドメイン名で重要なのは、読みやすくて覚えやすいこと

一度使いはじめたドメイン名を、変更するのはちょっと厄介です。いや、一度設定したら、変更出来ないと考えて進めてください。

 

つまり、最初に十分検討して、長く使えることを想定してつけることが大切です。

 

▼こんな視点から考えてみましょう。

・とにかく、読みやすくて覚えやすいこと

・社名、屋号などの名称が一致している

・サイトの内容やサービスと一致している

 

例えば、すごく長すぎるとか、まぎらわしい文字(「 l 」と「 I 」と「 1」など) が混在していたりすると、

口頭や文字で伝えにくいので注意が必要です。
※ I(アイの大文字)、l(エルの小文字)、1(数字の1)。他に、0(ゼロ)、O(オー)など

考え方1:屋号・店名・社名・業態から

「スタジオA フラワーアレンジメントスクール」の場合。(架空のスクール名です)

 

「studioaflowerarrangementschool.com」 では、長すぎてさすがに、いないですよね。

 

ハイフンでつないでみます。

 

「studio-a-flower-arrangement-school.com」 読みやすくなりましたが、長すぎますね。

 

「studio-a.com」 屋号だけなら、すっきりします。

 

「flower-studioa.com」「hana-studioa.com」 屋号と業態をイメージさせる言葉をいれたり、

 

「flower-school.com」「flower-arrange.com」 業態だけに特化してみたり、

 

文字るのも覚えやすかったりします。 「87-studioa.com」「87school.com」・・・・・・87(ハナ)

考え方2:特徴、内容から

「花好きの人集まれ!生け花、アレンジ情報サイト HANASUKI」の場合。(架空のサイト名です)

 

「hanasuki.com」 サイトタイトルが取れたら、問題なし。

 

とれなかったら、

「happy-flower.com」 「enjoy-flower.com」楽しさを伝えるとか、

 

「8787.com」 「hana-hana.com」などどうでしょう。こんなアーティストがいましたね(‥ゞ

 

すでに存在していて取得できない場合は、.net .bizなども確認してみましょう。

言葉探しの参考に

エキサイト翻訳
 (英語・中国語・韓国語・イタリア語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語)

Weblio辞書-類語辞典・シソーラス

 言い換える言葉が見つからない時などに便利です。