人工知能を利用した、とにかく簡単に作りたい方向けのツール

ジンドゥーAIビルダー

2019.3.25、AI(人工知能)を使った作成ツール「ジンドゥーAIビルダー」が、Jimdo Japan 10thにリリースされました。

従来のものと操作方法、料金プランなども異なります。

従来版を「ジンドゥークリエイター」、AI版を「ジンドゥAIビルダー」と分類するようですが、名称が長いので、ここでは、クリエイター、AIビルダーと略して紹介します。

主な特徴

  • いくつかの質問に答え、AIが判断したデザインが表示される。
  • 作成する目的にあわせたページ構成で用意される。
  • あとは、文字や写真を設定するだけでOK。
  • スッキリ、洗練されたデザインができる。
  • 配色もパターンで選べるから、失敗が少ない。
  • 無料で使える写真が用意されている。
  • 自分で用意した画像もアップロードできる。

従来のクリエイターとの違い

全く別物、互換性はありません。

単純に比較するのが難しいですが、いくつかピックアップしてみます。

  AIビルダー クリエイター
 ページ公開 「公開」をクリックして反映 編集と同時に反映
無料画像

あり

約1200点のストックから利用できる

自分で用意する

画像加工 フィルター加工が可能

他に加工ソフトなどを使う

デザインの色設定 パターンから選べる
AIが組合せ指定(大失敗がない)

変更することができる

 カスタムは一定のセンスが必要

ショップ機能 なし あり
ブログ機能 なし あり
HTML/CSS編集 なし

あり(部分的に)

SEO設定項目 有料版から

あり

ページ数

無料版は、5 ページまで

無制限

こんな人におすすめ

いろんな機能は不要。SNSと併用して発信するから、ホームページは時代に合ったスタイリッシュなホームページが欲しい。デザインにすごくこだわりはないけれど(*)、写真をかっこよく見せたいなど。

 

例えば、カフェ、レストランなどの飲食店、ミュージシャン、芸術系アーティストさんなど、撮影した写真をかっこよく見せたい方。作り込むというより、スッキリ・シンプルに必要な情報の発信したい方に向いているかと思います。

また、外国人向けの内容だったらスッキリした作りで好まれそうです。

 

*カスタマイズするこだわりはないという意味です。

デザインレイアウトもAIにお任せ

「かっこいい写真を使ってかっこよく。」

そんなホームページを素早く作りたい人におすすめのAIビルダー。

 

AIである特徴のひとつとして、配色や配置、余白など、選択肢は限られています。配色は選んだパターンで決まります。(バリエーションはあります。)コンテンツの組合せもパターンがいくつか決まっていて、つまり、こまごま自由に変更はできません。

 

このできない事をどうとらえるか。

 

想像してみてください。知識なしで好きに変更していくと、配色や余白に統一感がなくて、印象バラバラ。見にくく、わかりにくく、伝わりにくく、結果かっこ悪くなるのです。

 

AIビルダーのデザインレイアウトは非常にシンプル、洗練された統一感があります。

 

デザインやセンスはAIにお任せ、デザインにそこまで時間をかけたくないという方、迷うことができない分、内容作りに集中できるツールと言えるかもしれません。

 

自由度が少ないのにストレスを感じる人は、ジンドゥークリエイターも試してみてください。

AIビルダーのマニュアル書籍

さくっと作れてしまうけれど、細かい仕様は1冊もっておくと便利。

 

無料ではじめる! ジンドゥーAIビルダーでWebサイト作成

2019/8/24刊行

リンクアップ (著)

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ (監修)

Amazon


早速試してみよう!