ブログ機能を使おう!

Jimdoにはブログ機能があります。ブログ機能の大きな特徴は【時系列で並べられる】こと。

例えば、ブログのタイトル一覧を新着順に並べられるので、新着情報イベント情報実績紹介情報コンテンツなどに使ってみてはいかがでしょうか。

 

1)まず、ブログ機能を使えるようにする。

ブログ機能は、ブログ使用宣言なる「ブログ機能有効化」設定が必要です。

ツールバー「ブログ」をひらき、「ブログを新規設定する」をクリックします。

▼設定の完了画面です。一番下にある「最初のブログ記事を投稿」をクリックしてみましょう。

2)ブログ記事を投稿してみましょう。

タイトル、日付、公開/草稿、コメント欄などが指定できます。

記事を書く場合は他のページと同様、新規項目を追加して文章や画像を加えてページをつくっていきます。

  • コメント・・・ “はい”を選択すると、コメント欄が表示されます。
  • ステータス・・ “一般公開”を選択すると公開されます。
  • 日付・時間・・ 自動で設定されますが、クリックすると変更できます。
  • タイトル・・・ 記事のタイトルを入力します。
  • 分類・・・・・ 入力すると分類毎に記事を表示できたりします(空欄可)

 

上段と下段それぞれ「保存」をクリックして、ページを完成させます。

※ステータスを「一般公開」にしないと、プレビューではみることができません。

 

ページが完成したら「一般公開」をクリック、保存して次に進みます。

コメントは個々の判断によりますが、新着情報のなど特に閲覧者との画面上でのコミュニケーションを必要としない場合は、「いいえ」でよいかと思います。

 

3)自動的にトップページに反映。表意内容を調整します。

ブログをはじめて公開すると、トップページに自動的に反映、リンクが表示されます。

クリックすると、下記のパレットが表示されるので、表示内容を決めます。

  • 数・・・・表示する記事数
  • 分類・・・分類を限定して表示する場合のみ分類名を選択。
  • 概要の表示量・・・ブログ記事の表示行数(タイトルのみにする場合は、0に)
  • 記事・・・クリックすると、記事全部が表示されます。

ここでは、トップページに「お知らせ」のタイトルのみ表示したいと思いますので、

数を「1」、分類を「お知らせ」、概要の表示量を「0」で設定します。

4)配置を調整、見出しをつけてトップページの表示完了です。

はじめてのブログ投稿の場合、まずトップページの一番上に表示されますので、必要に応じて位置を移動したり、見出しを使ってブログのタイトルをつけるなど調整しましょう。

 

ここでは、一番下に移動して、「お知らせ」という見だし項目を追加しました。

5)ブログ記事掲載ページを作成しよう

ページを作っておくと多くの記事をリスト化でき、またリンクする場合など便利です。

「ナビゲーションの編集」で、新規ページを追加します。

ここでは、新しく「お知らせ」というタイトルのページを作ります。


6)お知らせページにブログ記事を表示させましょう

通常のページと同様、まずは見出し項目でページタイトルを設定。(ここでは“お知らせ”と設定します。)

その下に新規項目「ブログ表示」を選択し追加します。

 

今回は、分類に「お知らせ」と書いた記事を全文読めるようにしてみたいと思います。

 

▼下記の画像を参考に

「記事(全文を表示する)」をクリック、今回は1ページに表示される表示数を「5」で設定します。

 

表示用途に応じて、全文、概要のみなど試してみてください。

※全文でない場合、自動的に「続きを読む」リンクが表示されます。


7)お知らせページ完成。表示方法は工夫次第。

ブログ表示は、サイドエリアにも表示できます。

今回は、「お知らせ」という分類だけで設定しましたが、分類は複数設定することができます。年月(2012年、2013年)や、「イベント情報」「ブログ」などでわけるなどいろいろ工夫してみてください。

一般ブログを使用したことのある方は、分類や表示に物足りなさを感じるかもしれません。
その場合は、新着情報だけ掲載するなどJimdoでのブログ更新はある程度割り切りも必要かもしれません。
他でブログを運営してRSSフィード項目を使って表示させたり、バナーでリンクして連動させたりするなど発信したい内容にあわせて検討されてもいいかなと思います。ご参考まで。

※ブログの管理画面(記事の追加・編集等)

ツールバーの「ブログ」をクリックすると、過去の記事などの一覧が表示されます。

新規記事を投稿する場合は、ここから追加します。

※日付のデザインを変更できます。

ツールバーの「レイアウト」の一番後ろにブログデザイン変更画面があり、スタイルを変更することができます。